ルカーチとこの時代 (池田浩士コレクション2)

池田 浩士

5,200円 +税

ISBN: 978-4-7554-0198-5        2009年08月発刊

数量
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ルカーチとはだれか? 粛清とファシズムの時代のなかでマルクス主義思想家として思索し行動したルカーチの「生きられた思想」を描いた『ルカーチとこの時代』に、『初期ルカーチ研究』(抄録)等を加えたルカーチ論の決定版

目次
第一部 ルカーチとこの時代  5
序章 亡命列車  7

1章  もうひとりのドン・キホーテ―ブロッホとルカーチ  15
1 出逢い  30
2 夢、行動、そして空振り  40
3 警告および義務としてのキホーテ  56


2章 論争・歴史と階級意識
1 同志レーニンの名において  68
2 〈ボリシェヴィキ化〉と〈正統マルクス主義〉  77
3 ルカーチのブルジョワ科学批判  95

3章  禍を転じて福と為せ
1 連帯への模索と近いものへの攻撃  112
2 ファシズムを前にした〈二正面戦〉―ハインツ・ノイマン  122
3 統一戦線をめぐって―ベーラ・クンとの対立  131
4 ルポルタージュ批判とその背景  142

4章  表現主義論争前後
1 なんとかして理解しようと……  154
2 表現主義からファシズムへの途上で  164
3 唱和とパルチザン闘争と  180

5章  全体性・過渡期・共同体
1 失敗したこの試みは成功するまで続けられるだろう  190
2 レーテ・システムは不可避だ  210

終章 ルカーチとはだれか?  225


第二部 初期ルカーチ研究(抄)  229
過渡期の終末  230
ルカーチの文学理論における長篇小説の問題  247
ドストエーフスキーとルカーチ―長篇小説論への序章  261
合法と非合法の弁証法―ハンガリー革命におけるルカーチ  280
ドイツ革命と〈極左主義者〉ルカーチ  322

第三部 『歴史と階級意識』論争の歴史的意味  359

コレクション版へのあとがき  391