軍事主義とジェンダー  第2次世界大戦期と現在

敬和学園大学戦争とジェンダー表象研究会編、上野千鶴子・加納実紀代・神田より子・桑原ヒサ子・松崎洋子著

1,500円 +税

ISBN: 978-4-7554-0190-9        2008年10月発刊

数量
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

女性の戦争参加は社会の中の男女平等とどう関連しているのか。日本・ドイツ・アメリカの女性雑誌を手掛かりに、第2次世界大戦期の女性の戦争協力とジェンダー平等を考え、殴り返す力を持たない人たちが、生きのびていける社会を展望する。
目次
まえがき 加納実紀代 5
第1部 表象に見る第二次世界大戦下の女性│日本・ドイツ・アメリカ 7
 日・独・米女性の戦時活動―国際比較にむけて 加納実紀代 8
 銃後の若き〈戦士〉たち ―『青年(女子版)』から  神田より子 23
 銃後から前線まで―『ナチ女性展望』に見る戦時活動 桑原ヒサ子 45
 女の力をあなどるなかれ―アメリカ『レイディーズ・ホーム・ジャーナル』誌から 松崎洋子 74
 まとめにかえて―ジェンダーで見る三国の戦時女性表象 加納実紀代 110
第2部 軍事主義とジェンダー 上野千鶴子 115
第3部 〈過去〉と〈現在〉の対話―質疑応答から 143
    上野千鶴子・加納実紀代・神田より子・桑原ヒサ子・松崎洋子 松本ますみ(司会)
あとがき 松本ますみ 159
資料『ナチ女性展望』全目次 作成・桑原ヒサ子 i