不穏なるものたちの存在論  人間ですらないもの、卑しいもの、取るに足らないものたちの価値と意味

李珍景 著 影本剛 訳

2,800円 +税

ISBN: 978-4-7554-0253-1        2015年04月発刊

数量
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

不穏なるものたちの存在論人間ですらないもの、卑しいもの、取るに足らないものたちの価値と意味


李珍景 著
影本剛 訳

目次

はじめに 7

第一章 不穏性とは何か? 12
    不穏性:気分あるいは感情 12
    不穏と不安 18
    感覚的覚醒 23

第二章 不穏なるものたちの存在論  32
    存在と存在者:存在へいかに接近すべきか? 33
    存在論の場所 39
    何からはじめるべきか? 46
    不穏なるものたちの存在論 55

第三章 障害者:存在、障害の陰にあるもの 65
    障害の陰 65
    「迷惑をかける者」 67
    「迷惑」を消し去るもの 70
    陰のなかの宇宙 74
    障害の贈り物 79
    敷居と障害者 86
    敷居と革命 91

第四章 バクテリア:わたしたちは皆バクテリアだ 97
    存在と生成 97
    個体化と個体性 104
    バクテリアの平面 109
    共生と共同性 114
    免疫と個体性 118
    免疫能力と免疫系 125

第五章 サイボーグ:「初めにサイボーグありき」 136
    存在と不在 136
    機械を超える機械 143
    最初のサイボーグ 151
    人間の未来 157
    最後のサイボーグ 162
    汚染と変調の存在論 165

第六章 オンコマウス:シミュラークルの政治学 173
    手段として存在するものたち 173
    人間、目的論的超越者 177
    手段としての生命 183
    原本と複製 194
    物質性の抵抗:目的論の外部 199
    地下のオイコス 203

第七章 フェティシスト:愛の存在論あるいはフェティシズムへの招待 210
    魅惑と愛 210
    脱生殖化された性欲 216
    ジェンダーと性 223
    数多くの性 228
    二つのフェティシズム 237
    フェティシズムへの招待 245

第八章 プレカリアート:プロレタリアートの不可能性 259
    帰属と離脱 259
    大衆あるいは「所属」と「包含」の問題 264
    大衆と階級 270
    対抗階級あるいは可能なる階級 276
    プレカリアート:非階級化する階級 284
    不可能なる階級、プロレタリアート 290


エピローグ 出口あるいは入口 301