戦後史とジェンダー

加納 実紀代

3,500円 +税

ISBN: 978-4-7554-0155-8        2005年08月発刊

数量
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

目次かえってきたニッコウキスゲ   
1章◆女たちの8月15日―その光と影
女にとって8・15は何であったか
 アンケート五八一人の声から
戦後改革と女性
 アンケート六四四人の声から
占領と女の〈解放〉
サンマタイム
〈善行少女〉の朝鮮戦争

2章◆〈独立〉から高度成長へ
苦い〈独立〉
「電化生活」へ、テイク・オフ!!
  主婦論争の開始
ピープルのための日本国憲法改正私案
自分史のなかの「女子学生亡国論」
ああ丙午!
 〈近代〉がもたらした〈前近代〉

3章◆戦前化する戦後
戦後史のなかの「12・8」と「8・15」
反原発運動と女性
  柏崎刈羽原発を中心に
スパイ笑うか…
満鉄創立八十年?
健康さん、さわやかさん……
  増えない女性議員
自動詞「国際化」の加害性
  長谷川三千子批判
オウにトガなし
  シマの光と影を見据えつつ

4章◆〈銃後の女〉から〈前線の女〉へ
「これからの戦争」と女性
女も戦死する権利がある?
ジャンプ一番! 女兵士戦闘配置へ?
軍隊内男女平等と自己決定権
再考・フェミニズムと軍隊

5章◆「慰安婦」と教科書問題をめぐって
戦争体験記のなかの「女性体験」
「慰安婦問題」という問題
問題は「強制」の有無か
歴史とジェンダー
世紀末教科書狂騒曲と性の二重規準
「つくる会」歴史教科書とジェンダー

あとがき