『読む場所 書く時――文芸評論集』 池田浩士コレクション第2期第2回配本(9巻)

池田浩士

6,000円 +税

ISBN: ISBN978-4-7554-0304-0        2020年05月25日発刊

数量
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

快刀乱麻、時代を挑発し続ける文芸評論。1982、83年に『新日本文学』誌上に連載され、歯に絹着せず辛辣な批判を当時の文学者たちに浴びせ注目を集めた文芸時評と、その後の文芸評論集。

目次
第一部 読む場所 書く時――文芸時評1982〜1984  7
この文芸時評の気味悪さについて 8
内田百閒は「反核」とどうかかわるか? 20
ワードプロセッサー時代に向けての決意表明 34
寄り道しながら過去・未来 44良い文章は、いつも遅れてやってくる 58
〈文学〉には、アタリマエのことは見えないのか 68
表現の〈暴力〉について考えてみる 84
さまざまな選択とその表現のこと 100
ぜひとも保存しておきたい文章 113
文学表現が歴史になるための条件 131
塀のなかと塔のなか 147
自己批判、そして「さようなら」 159
N少年を越えて─永山則夫のふたつの小説─ 174
あとがき 195


第二部 濫読、禿筆 199
現実は甘くない―なるほど、しかし 200 
特権階級 205
これから始まる長篇小説―追悼・高村三郎 208
私はいた、いまいる、今後もいるだろう!
  ――伊藤野枝と文学の自己解放 217
聖戦によって殺されたすべての人びとに 236
蔵書という自己疎外 241
私はJRに乗りたくない! 256
「ヒトラーは良いこともしたか?」―こころの風景① 259
ゲッベルスと天皇制―こころの風景② 260
ファシズムの養分―こころの風景③ 261
プロレタリア・ネズミは団結できるか?
 ―平井玄『ミッキー・マウスのプロレタリア宣言』を読む 262
「だれでもいい、とにかく殺したかった!」 265
大道寺将司の句を読む 269
「大逆事件」と天皇一家と私と 292
大学闘争が遺したものはビラだけ? 295
ファシズムは形を変えて生き続ける 299
コレクション版へのあとがき 315