大衆小説の世界と反世界(池田浩士コレクション6 第2期第1回配本)

池田浩士

5,800円 +税

ISBN:        2019年08月25日発刊

数量
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

目次

■第一部 大衆小説の世界と反世界

序章 夢と危機 9

Ⅰ 行動する想像力─大衆小説の読者 25
  1 大衆小説の成立と展開 ──一九二〇年代の一側面 26
  2 代行者としてのヒーローたち  42
  3 参加する読者  71

Ⅱ もうひとつの現実を求めて──大衆小説の諸相  93
  1 時空を超える──時代小説、SF、秘境もの  94
  2 痕跡を追う──秘密をもった大衆小説  111
  3 笑い、おののき、そして殺す──グロテスクからユーモアまで  129

Ⅲ この世界の桎梏を断て!──大衆小説の現実参加  147
  1 飛翔する少国民  148
  2 小説の秘境──現実の異境  165
  3 もはや夢想ではなく……  186

終章 他者の目と他者への目  203

あとがき  216

■第二部 作品とその読み手たち  219

大衆文学、読者論の視点から  220
戦後民主主義と乱歩  230
文学に描かれた「満蒙開拓団」の生活と文化——湯浅克衛の作品にそくして  233
「馬賊の唄」の系譜——大衆文学の外史によせて  248
『幽霊塔』論・序説  278
コレクション版へのあとがき  286