サバイバー・フェミニズム

高橋りりす・著

1,700円 +税

ISBN: 978-4-7554-0107-7        2001年04月発刊

数量
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

サバイバーよ、勇気を出すな。「性暴力やセクハラ被害に遭ったら泣き寝入りしないで、勇気を出して裁判を起こして闘いましょう」―そう簡単に言ってしまえるすべて
の人へ。一人芝居『私は生き残った』を全国各地で上演し、深い感動を呼んでいる高
橋りりすの初のエッセイ集。

一番小さな魚 マイノリティーのフェミニズム … 2

「一番小さな魚」をめぐるものがたり(高橋りりす・稲邑恭子) … 6

始まり まえがきにかえて … 20

記憶の回復と混乱 … 29
不自然な理由 … 38
インタビュー開始 … 43
選挙の謎 … 48
加害者反応 … 53
例会で何が起きたか … 58
私はなぜ「学長来日事件」にこだわるのか … 64
支援できない三つの理由 … 71
被害者を責めるとはどういうことか … 76
フェミニスト暴言集 … 83
裁判のプロスポーツ化 … 90
運動の勝手 … 94
困ったなあ … 99
なぜ裁判か … 107
人はなぜ被害者を責めるのか … 113
シナリオ … 117
腑におちないこと … 127
選択という言葉のトリック … 133
感情が恐い … 136
日本の観客 … 142
対岸のサバイバー … 146
他助グループの罠 … 152
言ってはいけない … 163
化けられない子はどうする … 166
順位温存型社会運動 … 168
市民運動の正義 … 171
この勇気、誰のもの … 173
「強い」あるいは「弱い」ということについて … 177
暴力的反性暴力理論 … 180
理論のズレコミと暴走 … 189
サバイバーとは誰か … 198
私が地図普及運動から脱落した理由 … 205
サバイバーよ、勇気を出すな … 209

リリスの復権 あとがきにかえて … 210