オモニがうたう竹田の子守唄 --在日朝鮮人女性の学びとポスト植民地問題

山根実紀 [著] 山根実紀論文集編集委員会[編]

3,000円 +税

ISBN: ISBN 978-4-7554-0282-1        2017年12月25日刊行発刊

数量
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

目 次

I オモニがうたう竹田の子守唄 改進地区の「おかあちゃん」との出会い
  投書 在日朝鮮人への人権意識とマスコミの権力性
  活動報告 カムサハムニダ 夜間中学に学ぶ在日朝鮮人女性 作文とライフヒストリーにみるポスト植民地問題
  発言 自分の身近な人たちへ、アピールを
  報告書 朝鮮学校とジェンダーを語る視点
III 在日朝鮮人女性にとっての夜間中学 ライフストーリーからのアプローチ

VI 在日朝鮮人女性の「語り」と「沈黙」 夜間中学生との対話から
  エッセイ 「応答責任」と「承認欲求」 ―日朝連帯運動の経験から―
  レポート 「暴力」に向き合うこと、そしてその主体について

V 戦後日本における在日朝鮮人女性の識字教育 教師─生徒間の関係性に着目して

VI 在日朝鮮人女性の識字教育の構造 一九七〇-一九八〇年代京都・九条オモニ学校における教師の主体に着目して


本書に寄せて
 在日朝鮮人女性の「主体性」を論じるということ(駒込武 )
 山根実紀と日朝運動(板垣竜太 )
あとがきにかえて(岡真理)
山根実紀年譜(作成・中村一成)