蘇らぬ朝  「大逆事件」以後の文学 (インパクト選書2)

池田浩士編・解説

2,800円 +税

ISBN: 978-4-7554-0206-7        2010年12月発行

数量
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

大逆事件以後の歴史のなかで生み出された文学表現の中から事件の翳を色濃く 影し出している作品群。
目次(初版目次ページ数が間違っています。正しくは以下の通りです。お詫び して訂正します。)

1 冬の時代を生きる

奴等の力…………………………………………大 杉 榮 7
夏 ………………………………………………荒畑 寒村 10
ある墓 …………………………………………田山 花袋 49
或る女の幻想 ………………………………佐藤 春夫 53

2 韜晦・抵抗・唱和

花火 …………………………………………永井 荷風 79
蘇らぬ朝 ……………………………………武藤 直治 89
『憂国志談 大逆陰謀の末路 』より ……池 雪 蕾 105

3 内在化される歴史

芻言 …………………………………………今村力三郎 147
いたづら書……………………………………沖野岩三郎 187
蜜柑の皮………………………………………尾崎 士郎 210

4 体験の共有に向かって

『幸徳一派 大逆事件顛末』「自序」および「自跋」宮武外骨 231
『自叙伝 』より… ………………………… 石川三四郎 237
啄木の日をむかえて …………………………中野 重治 271
「大逆帖」覚え書 …………………………近藤 真柄 283
大逆事件の思い出 …………………………佐藤 春夫 297

解説 「大逆事件」の文学表現を読む………池田 浩士 303