〈いま〉を読みかえる  「この時代」の終わり (文学史を読みかえる8)

池田浩士編

3,500円 +税

ISBN: 978-4-7554-0167-1        2007年01月発刊

数量
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

目次1、徹底討論・〈文学〉は、いま、どこに?
   現代文学の自分史に向かって
    上野千鶴子・鵜飼哲・川村湊・栗原幸夫・田中綾・池田浩士 4

2、文学史はどう読みかえられるか─いくつかの視座
  ・モダニズムの光源 映画的認識と形式主義文学  黒田大河 44
  ・ブラジル日本人文学と「カボクロ」問題     西 成彦 69
  ・天皇・カニバリズム・東京裁判
    武田泰淳『ひかりごけ』の逆光        新城郁夫 90
  ・皇国の無名身体                野崎六助 109
  ・斃死する小説、蘇生する稗史 『神聖喜劇』論  池田浩士 138

3、「文学史」再検討
  ・文学史の思想─片岡良一『近代日本文学の展望』 藤井祐介 198
  ・戸坂潤『読書法』のこと            林淑美  203
  ・「昭和十年前後」の問題
    ─小林秀雄と中村光夫を中心に        栗原幸夫 209
  ・奇妙な幕間の「告白」
    ─柄谷行人『日本近代文学の起源』を読む   田村都  214
  ・「異端」文学の読みかえ
    ─川崎賢子『蘭の季節』『彼等の昭和』    吉川麻里 225
  ・「私」か「キャラクター」か
    ─大塚英志のサブカル文学論         森山めぐみ230

4、エンターテインメントを読みかえる
  ・歴史小説が思想書になる時代
    ─司馬遼太郎『坂の上の雲』のからくりを解く 中西昭雄 236
  ・大原富枝「巣鴨の恋人」論
    ─奪われた戦後世界             羽矢みずき374
  ・戦後〔映画=文学〕としての「陽のあたる坂道」
    ─映画と小説の接点             天野恵一 287
  ・世紀をこえた〈日本ホラー〉
    ─トウキョウからオキナワまで        谷口基  301

5、「文学」が消滅するまで─いまをときめく作家たちを読みかえる
  ・『キノの旅the Beautiful World』シリーズを読む
    ─ライトノベルズと若い若い読者たち    相川美恵子 325
  ・男女共同参画小説を読む
    ──「岬美由紀」、「音道貴子」      加納実紀代 344
  ・自衛隊小説                 川村湊  365 

6、 追悼・貝原浩
    日本画家・貝原浩さん            小柳伸顕
    京の画廊から                人見ジュン子
    貝原さんの絵をなぞって           水田ふう
    貝原浩・本の装幀展を見て          深田卓
    起て 学究の徒               下平尾直史

7、 読みかえ日誌
8、 編集後記