台湾/日本―連鎖するコロニアリズム

森 宣雄

2,200円 +税

ISBN: 978-4-7554-0111-4        2001年09月発刊

数量
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

甦る「大日本帝国」の記憶をめぐる闘い歴史をパロディ化=戯画化する小林よしのり『台湾論』、それを支える金美齢・李登
輝らの「日本精神」【リップンチェンシン】論、そして台湾を黙殺する戦後左翼と〈
進歩的知識人〉…… 日本/台湾100年の悲劇の折り重なりに奥深く分け入り、いま
連鎖するコロニアリズム=植民地主義を解体にみちびく現代史叙述の解放の実践。「
大日本帝国」ポストコロニアル歴史批評の全面的開幕。