リブ新宿センター資料集成 1 リブニュース この道ひとすじ
リブ新宿センター資料保存会 編
2008年05月発刊
「リブニュースこの道ひとすじ」は1972年10月創刊。「ミニ版」「号外」を含めた全号を復刻。パンフレット篇・ビラ篇にはリブ新宿センターとその運営グループが1970〜77年に発行したもの等を収録。「『リブ新宿センター資料集成』は、70年代ウーマンリブ運動の一端を伝え、それ以前とその後そして現在までの女の運動のつながりを示す、貴重な資料になるものと思います。とともに、これは運動に参加した女たちにとっての大切な個人史でもあります。当時リブ運動に参加した女たちは、個人的なことにも歴史と政治が反映していること、社会の変革は個人の変革とともにあることを実感し、また女と女のつながりを求め信頼して、自分自身を語りました。古いものでは発行から37年がたっています。執筆者の中には、当時の文章と現在の自分との間にギャップを感じたり、今ならば別な表現ができると考える人もいました。そうした戸惑いを越えて、少部数とはいえ印刷物として残すことに同意した執筆者たちの心意気が、汲み取られ、活かされることを切に願っています。」(「刊行の経緯」より抜粋)
…続きを見る
7,000円 +税
リブ新宿センター資料集成 2 パンフレット編/ビラ編
リブ新宿センター資料保存会 編
2008年05月発刊
「リブニュースこの道ひとすじ」は1972年10月創刊。「ミニ版」「号外」を含めた全号を復刻。パンフレット篇・ビラ篇にはリブ新宿センターとその運営グループが1970〜77年に発行したもの等を収録。「『リブ新宿センター資料集成』は、70年代ウーマンリブ運動の一端を伝え、それ以前とその後そして現在までの女の運動のつながりを示す、貴重な資料になるものと思います。とともに、これは運動に参加した女たちにとっての大切な個人史でもあります。当時リブ運動に参加した女たちは、個人的なことにも歴史と政治が反映していること、社会の変革は個人の変革とともにあることを実感し、また女と女のつながりを求め信頼して、自分自身を語りました。古いものでは発行から37年がたっています。執筆者の中には、当時の文章と現在の自分との間にギャップを感じたり、今ならば別な表現ができると考える人もいました。そうした戸惑いを越えて、少部数とはいえ印刷物として残すことに同意した執筆者たちの心意気が、汲み取られ、活かされることを切に願っています。」(「刊行の経緯」より抜粋)
…続きを見る
48,000円 +税