政治から記号まで  思想の発生現場から

フェリックス・ガタリ、粉川哲夫、杉村昌昭

1,800円 +税

ISBN: 978-4-7554-0098-8        2000年04月発刊

数量
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ガタリが語る。「分子的無意識と革命」(ガタリ・インタビュー1)
◎ミクロな政治とマクロな政治 ◎ソフトな社会的コントロールとハードな弾圧の共存◎分子革命とは ◎アウトノミア運動 ◎イタリアの自由ラジオ運動 ◎影響を受けた思想家 ◎概念はある特殊な領域で機能する道具 ◎カフカについて

「メディアと横断性」(ガタリ・インタビュー2)
◎フランスのマスメディア ◎自由ラジオとの関わり ◎自由ラジオは多様な言葉の特性の表現 ◎欲望の価値と機械状の価値 ◎ビデオ、そして映画について

「政治と精神分析をめぐって」(ガタリ・インタビュー3)
◎ミッテラン政権の登場 ◎ミッテラン政権に展望はあるか ◎ネグリとアウトノミアへの弾圧 ◎フランスの変貌と知識人の不毛 ◎「リベラシオン」の危機 ◎家族について ◎スキゾ分析とは ◎政治経済とリビドー経済はリゾーム的関係 ◎カフカについて ◎ガタリと精神分析◎欲望の概念について ◎多数多様性 ◎記号論をめぐって

ガタリを語る。
「思想の発生現場」(粉川哲夫・杉村昌昭)
◎フェリックス・ガタリのあっけない死 ◎いまガタリを問題にすること ◎ラボルドへ ◎ガタリの印象 ◎ミッテラン政権とガタリ ◎日本の管理社会と天皇制 ◎ガタリと精神医療 ◎ドゥルーズとガタリ ◎ハンダゴテの思想

「シンクロニーとコンテンポラリー」(粉川哲夫・杉村昌昭)
◎ガタリとアメリカと ◎リゾーム ◎欲望について ◎概念と現場

「アクティヴィストの眠り ガタリを新たな『強度』の中に解き放つために」(粉川哲夫)
◎つねに〈マイナー〉で〈ミクロ〉 ◎概念は“使う”ものだ ◎すべての理論に「現代」の生気が

「あとがきにかえて」(杉村昌昭)

◎ガタリの著作一覧