〈転向〉の明暗  「昭和十年前後」の文学 (文学史を読みかえる3)

長谷川 啓

2,800円 +税

ISBN: 978-4-7554-0084-1        1999年05月発刊

数量
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

文学史を読みかえる・第3巻

座談会・〈非常時〉と文学・小沢信男
・栗原幸夫・加納実紀代・中川成美・長谷川啓
「女性的なもの」または去勢(以前)―小林・保田・太宰・井口時男
女性無用の作品世界―島木健作論             ・竹松良明
『家の光』を中心に農村の自力更生運動を問う・加納実紀代
転形期の農村と「ジェンダー」―中野重治「村の家」をよみかえる・        中山和子
佐左木俊郎と農民探偵小説・池田浩士
女性文学の新動向・吉川豊子
〈非常時〉における抵抗・長谷川啓
矢田津世子論・川村湊
徳永直論・木村一信
『女人芸術』から『輝ク』へ・尾形明子
〈非常時〉と雑誌の全盛
『人民文庫』を読む・下平尾直史
『むらさき』を読む・小嶋菜温子
隣接諸領域を読む・江村公・中西昭雄 ・平井玄・柏木博・前田角蔵・塩崎文雄・渡辺澄子・道場親信
高良とみの1935年前後・高良留美子                初期邱永漢の研究・小倉虫太郎