「橋下現象」徹底検証  さらば、虚構のトリックスター

橋下現象研究会 編著

1,900円 +税

ISBN: 978-4-7554-0229-6        2012年12月発刊

数量
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「橋下現象」は日本をどこに連れて行こうとしているのか。新自由主義+国家主義の濁流に抗して、民衆主権の革新的想像を目指す分析と提言!ISBN978-4-7554-0229-6 C0036

もくじ
もくじ
序論 マスコミ仕掛けの「橋下維新現象」を撃つ 杉村昌昭
第一章 「橋下維新」の登場の背景と現状
「民意」の底には何が潜んでいるのか 
  橋下徹の「成功」と左翼の「失敗」 島和博
「橋下現象」の心理=政治学
  ポスト近代社会における記号的政治について 村澤真保呂
ポストモダン都市におけるイデオロギーの条件 櫻田和也
新自由主義の深化とパーソナル政党政治 麻生令彦


第二章 「橋下維新」の社会政策の批判
競争に勝ち抜く『世界都市・大阪』の虚構
  「西成特区構想」の議論から見えるもの 水野博達
「ハコモノ」ではない「場」の意義
  ジェンダーの視点から 古久保さくら
橋下教育改革とその行方 大阪の教育現場から 徳岡輝信
「維新八策」を読む
    戦後憲法体系の解体を目指す新自由主義の旗印 丹羽雅雄
  資料 維新八策(最終案)
あとがき 大地に根をはる未来の構想へ