『文学史を読みかえる・論集』1号

「文学史を読みかえる」研究会編

1,500円 +税

ISBN: 978-4-7554-8012-6        2012年08月発刊

数量
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

『文学史を読みかえる・論集』1号 目次
『文学史を読みかえる・論集』 発刊の辞 2

保田與重郎の「日本浪曼派」――「日本の橋」を中心に 岩本真一 4
『文藝戦線』から読む朝鮮・朝鮮人 梁 禮先 19
日本における「ユダヤ人」とは
  ──ロシア革命観と「ユダヤ人」 新井晶子 38
プロレタリア文学運動のシルエット
  ──二十世紀前半におけるドイツと日本の文化交流史から 池田浩士 60
『青年の環』と反原発文学 野崎六助 79

◎書評
 『ミステリで読む現代日本』(野崎六助著) 谷口基  89
 『「満洲文学論」断章』(葉山英之著) 黒田大河 92
 『ロシア文学翻訳者列伝』(?島亘著) 悪麗之介  97

読みかえ日誌 102
執筆者プロフィル 105