冤罪をつくる検察、それを支える裁判所  そして冤罪はなくならない

里見繁著

1,900円 +税

ISBN: 978-4-7554-0211-1        2010年12月発刊

数量
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

検察の犯罪は村木厚子さんの事件だけではない。テレビ記者の取材した9つの 冤罪事件のルポ。布川事件、足利事件、飯塚事件、京浜急行・痴漢冤罪事件、 袴田事件、日野町事件、福井・女子中学生殺人事件、浜松幼児せっかん死事 件、大阪高槻市・選挙違反事件。
目次
はじめに  4

一四七人の自白調書
 ──大阪高槻市・選挙違反事件  22
出所した男
 ──浜松幼児せっかん死事件  45
偽証
 ──福井・女子中学生殺人事件  82
消えたアリバイ
 ──滋賀・日野町事件  109 
死刑囚の手紙
 ──静岡・袴田事件   153
彼女は嘘をついたのか
 ──京浜急行・痴漢冤罪事件   189
DNA鑑定の呪縛
 ──足利事件と飯塚事件  215
証拠を隠し続ける検察、冤罪を見抜けない裁判所
 ──茨城・布川事件  245
終わりに そして冤罪はなくならない  271

【資料1】冤罪を見抜けなかった裁判官たち  291 
【資料2】日本の冤罪  295 
参考文献  300
あとがき  301