名護の選択  海にも陸にも基地はいらない

浦島悦子

1,900円 +税

ISBN: 978-4-7554-0204-3        2010年07月発刊

数量
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

沖縄はもう一歩も引かない! 国政を揺るがす米軍普天間基地移設問題は、日米安保を根本的に問い直す流れを創り出している。激動の時代を名護の現場から報告する。
目次
はじめに 4
第1部 山が動く 9
与野党逆転した沖縄県議会(08年6〜12月) 10
新政権誕生と沖縄(09年1〜10月) 27
奇々怪々の辺野古違法アセス 46
裏切られる新政権への期待(09年11〜12月) 79
ヘリパッド建設に抗する高江の人びと 90
名護の新たな未来へ──名護市長選勝利報告 100
稲嶺進・新名護市長インタビュー
 ──「名護のティーダになれよ」 121
第2部 いのちをつなぐ 127
環境マニフェストを問う 128
地域を結びなおす 138
やんばるの歴史と未来を考える 157
戦争の傷跡は今も 172
ハンセン病療養所・愛楽園に学ぶ 192
やんばるの森に抱かれて 203
奇蹟の宝・泡瀬干潟を守ろう 225
ジュゴンとサンゴの海 238
あとがきにかえて 263