光市事件  弁護団は何を立証したのか

光市事件弁護団編著

1,300円 +税

ISBN: 978-4-7554-0188-6        2008年04月発刊

数量
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

マスメディアの総攻撃に抗して、21人の弁護団が明かす事件の真実。問われて いるのは司法の頽廃である。
主要目次
1部◎光市事件の概要   光市事件 検察・裁判所の主張  安田好弘
2部◎光市事件弁護団に聞く 司会・コーディネーター=小林修・湯山孝弘
 1、被告人の供述を中心として  井上明彦・山崎吉男・足立修一
 2、どのような殺害行為だったのか 法医学鑑定をめぐって
    新谷桂・松井武・新川登茂宣・河井匡秀
 3、犯行の計画性はあったか  大河内秀明・村上満宏・石塚伸一
 4、この事件の情状について  岩井信・本田兆司・山田延廣・岡田基志
3部◎司法の職責放棄が招いた弁護士バッシング  安田好弘
弁護人の最終意見陳述  
被告人の謝罪の手紙  
光市事件の経過