格差社会を撃つ  ネオ・リベにさよならを (PPブックス)

白川 真澄

1,900円 +税

ISBN: 978-4-7554-0183-1        2008年01月発刊

数量
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フリーター、日雇い派遣など不安定労働者の急増は、新自由主義にもとづく小泉構造改革に端を発している。生活困窮者を生み出しては切り捨てる凄まじいまでの「格差社会」はどのように意図的につくられたか。民営化や地方格差など、多角的に負のスパイラルを検証する。
目次

はじめに

第1章 格差社会を撃つ

「自己責任」論を打ち破り「連帯」の思想を蘇らせよう
公正と連帯の思想と運動を --格差論争のなかで
【補論】広がる格差・増える低所得者 --「二〇〇五年所得再分配調査報告 書」から見えてくること
格差社会に立ち向かう --平等化と「われらの世界」構築の戦略
格差があっても悪くない? --小泉「構造改革」の五年と安倍政権


第2章 新自由主義改革 --民営化と「小さな政府」のからくり

ネオ・リベ「改革」を止めろ --小泉流「官から民へ」「小さな政府」を批判する
経済危機の中の小泉「構造改革」
小泉「構造改革」の現在 --対抗線をどこに引くべきか
民営化に対抗する原則をどう立てるか
誰のための・何のための郵政民営化か
大きな自己負担を強いる「小さな政府」
新自由主義の「労働市場改革」


第3章 破壊される住民自治

小泉「改革」は地方分権と住民自治に敵対する
地方自治・地方分権への大逆流
「地方分権」の罠 --地方自治と「国民保護」