アフリカ人都市経験の史的考察  初期植民地期ジンバブウェ・ハラレの社会史

吉國 恒雄

3,000円 +税

ISBN: 978-4-7554-0161-9        2005年12月発刊

数量
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

アフリカ人の〈近代〉はいかに可視化され、語られるべきか。アフリカ人労働者が創り出した濃密なる社会的・文化的世界。西欧的〈都市〉・〈階
級〉の見直しと、アフリカ亜大陸の現代への定位──。徹底した史料考証を通して切
り込んだ英文労作の日本語化。




目次
第1章 南部アフリカ都市の差別的景観
 ――ソールズベリー(ハラレ)における住居隔離と「原住民ロケーション」の起
源:1892−1908
第2章 黒人出稼ぎ労働者の「階級的」登場
 ――第一次世界大戦後のストライキ運動と自助団体
第3章 都鄙相制関係から見た都市の諸相
 ――1950年代末までのソールズベリー・ブラワヨ政治史の比較から
第4章 あるアフリカ人フェミニズムの誕生:初期植民地期ジンバブウェ
 ――マイ・ ムソジ(c.1885-1952)とハラレアフリカ人女性クラブ
第5章 書評

書評1 Christopher M. Paulin, White Men's Dreams, Black Men's Blood

書評2 Amin Y. Kamete, Governing the Poor in Harare

書評3 Teresa A Barnes, ”We Women Worked so Hard”

書評4 Zimbabwe Women Writers (comp.), Women of Resilience


解題 北川勝彦
初出一覧
吉國恒雄:略歴と業績


出版にあたって◎片岡 卓三
Solidarity Message◎ジンバブウェ研究者グループ
下訳者あとがき◎飯田 雅史
二つの再会◎山崎 一郎
名ばかりの参加◎山崎 精一