声を刻む  在日無年金訴訟をめぐる人々

中村 一成

2,000円 +税

ISBN: 978-4-7554-0153-4        2005年06月発刊

数量
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

声を刻む在日無年金訴訟をめぐる人々
中村一成[著]2000円+税

かつて日本人としてこの国に呼び込まれた人々が、いま外国人として差別され、福祉
から排除されている。在日無年金訴訟の原告たちの生きてきた軌跡を聞き取り、在日
100年の闇をえぐりだす渾身のルポルタージュ。


■目次■
はじめに ■ 「他者」を拒み続ける国 4

1章 ■ 私たちだけ先送りはなぜですか
……………  金順喜さん 10
2章 ■ 「アイゴー」を「エルファ」に
……………  鄭禧淳さん 30
3章 ■ 一〇〇歳まで生きて頑張る
……………  鄭福芝さん 61
4章 ■ こんなこと書いたらあかんで、センセ
……………  鄭在任さん 83
5章 ■ 統一したら帰ろうと思ってたら今になってもうた
…………  高五生さん 113
6章 ■ もうアンタ、今ごろ来たかて遅いで
…………  金君子さん 134
7章 ■ 許されへんことがいっぱいあるねん
…………  玄順任さん 172
終章 205
あとがき 226